CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
コんガらガっち どっちにすすむ?の本 (創作絵本シリーズ)
コんガらガっち どっちにすすむ?の本 (創作絵本シリーズ) (JUGEMレビュー »)
ユーフラテス
ピタゴラスイッチスタッフ制作のおもしろ絵本。娘達何度も何度も繰り返し読み遊んでます
RECOMMEND
どーこだ?
どーこだ? (JUGEMレビュー »)
わだ ことみ, さかもと みつや
わずか10兒擁!上着のポケットに入るコンパクトさ。おでかけにぴったりです
RECOMMEND
0~4歳 わが子の発達に合わせた1日30分間「語りかけ」育児
0~4歳 わが子の発達に合わせた1日30分間「語りかけ」育児 (JUGEMレビュー »)
サリー ウォード,Sally Ward,槙 朝子,汐見 稔幸
育児がとても楽しく思える本です
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 2008年10月オープン、SUNAMO | main | ほっとプラザはるみ >>
東京サマーランド
この夏にしては少々遅い投稿になってしまいますが、今日東京サマーランドへ行ってきました。

このところ近所のお祭りや花火に出かけることが多かったので、久しぶりに少し遠くに遊びに行きたいねーという話になったのですが、あいにくの雨、そして低い気温にがっかり。でもサマーランドなら、室内プールも充実しているからそれなりに楽しめるよね・・・ということで急遽決まりました。

でも同じような考えをしている方はたくさんいらっしゃいます(笑)やはり予想以上の混雑。着いたのがお昼近くなので仕方ありませんが、離れた駐車場に回されてバスで到着、チケット売り場もそこそこの行列、更衣室のロッカーはいっぱいで、着替えた荷物を男女共用のロッカーまで運ばねばいけない・・という状態でした。

そしてすでにプールはたくさんの人、プールサイドにも敷物でしっかり場所取りされていて、ごろごろのんびりとはいきませんでした。
が、幼児用プールのフルーツアイランドは思ったより混んでなく、娘2人、はしゃいで色々な果物の滑り台をあっちへこっちへ楽しみました。

一通り遊んでお昼はお座敷の無料休憩所でゆっくり、その後温浴の湯遊大洞窟や波のプールを経て、再度フルーツアイランドへ・・・と昼寝も忘れてしっかり遊んだ娘たち、帰りの車ではすぐにぐっすりでした。

水遊びパンツ着用でも遊べるプールでこんなに充実しているところはそう多くはないでしょう。赤ちゃんを連れた方もちらほらいたのも納得です。

圏央道の開通で車でのアクセスもグンと楽になったし、これから毎年お世話になりそうです♪・・・あ、ここは通年営業していますね。真冬に夏気分満喫に来るのもよさそうです。
○車での行きやすさ ★★★
圏央道「あきる野」ICからすぐです。駐車場は普通車1200円。第2駐車場からは遠いので送迎バスに乗ります。

○公共交通機関での行きやすさ ★☆☆
秋川駅、または八王子駅からバスが出ています。

○ベビー向けサービスの充実度 ★☆☆
入り口の手前にベビールームがあります。一度出る必要があるので出口でスタンプを押してもらって再入場可能にします。
おむつ替えだけならば、多目的トイレ、更衣室・ロッカーエリアのベビーベッドで可能です。

○施設の充実度 ★★☆
今回は室内プールしか行きませんでしたが、フルーツアイランドはごく浅で果物の形をした様々な滑り台があり、あんよできれば遊べます。ロックビーチもジャブジャブ池程度の水深で、幼児から遊べます。
湯遊大洞窟にもとても浅いエリアがあるので、乳幼児でも安心して遊べます。

○ベビーカーでの移動しやすさ ☆☆☆
プール内もベビーカーの乗り入れは可能なようですが、混雑と階段での移動が多いため、ベビーカーは持っていかないほうが便利です。
| 都内(その他) | 21:14 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
はじめまして?
サマーランドで検索を
して読ましていただきました?

質問なんですが
フルーツのプールの近くにサマーベッドとかわ
ありましたでしょうか?
| ちびまま | 2009/08/27 11:42 PM |
ちびままさん、コメントありがとうございます。

サマーランドのフルーツプールの近く・・ですが、すぐそば(プールから見えるところ)にはベッドは無かったと記憶しています。また機会があって行った時には確認してみますね。
| ちっちまこ | 2009/08/30 7:06 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.chibiron.boo.jp/trackback/949245
トラックバック