CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
コんガらガっち どっちにすすむ?の本 (創作絵本シリーズ)
コんガらガっち どっちにすすむ?の本 (創作絵本シリーズ) (JUGEMレビュー »)
ユーフラテス
ピタゴラスイッチスタッフ制作のおもしろ絵本。娘達何度も何度も繰り返し読み遊んでます
RECOMMEND
どーこだ?
どーこだ? (JUGEMレビュー »)
わだ ことみ, さかもと みつや
わずか10兒擁!上着のポケットに入るコンパクトさ。おでかけにぴったりです
RECOMMEND
0~4歳 わが子の発達に合わせた1日30分間「語りかけ」育児
0~4歳 わが子の発達に合わせた1日30分間「語りかけ」育児 (JUGEMレビュー »)
サリー ウォード,Sally Ward,槙 朝子,汐見 稔幸
育児がとても楽しく思える本です
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
伊豆三津シーパラダイス
クラゲの水槽が涼しげで癒されます今回の夏旅行は、本で魚の名前をいくつか覚えた長女に本物を見せたくて、「どこか水族館系の遊べる場所があるところにいきたい」と伊豆に決まったのでした。行ったのは伊豆三津シーパラダイス。私にとって、今は亡き祖父母が三島に住んでいた頃に、1泊旅行で連れて行ってもらったという思い出の場所でもあったので、なんとなく感慨深く訪れました。
そしてもう20年ぶり近くに行ったシーパラは、多分、ほとんど変わることなく営業していて、その古っぽさもなんだか嬉しくなりました。

ここのメインはもちろんショータイム。
海獣の広場ではイルカやアザラシなど複数のショーが行われるほか、イルカの海、セイウチパフォーマンスがそれぞれ1日に2〜4回開催されます。
私たちが行った時にはどのショーにも少し時間があったので、まずは展示エリアをぐるっと。さほど広くはありませんので、さーっと見ると15〜20分程度で見終わります。
一番印象的だったのが写真にもあるクラゲの水槽。別世界です。

イルカのショーを見る際に、ゴムボートに乗って近くで見れるという「ボートラクション」というものがありました。3歳以上有料、事前予約が必要とのコト。イルカ好きの子供だったら喜びそうです。

ドルフィンザッブーン!幼児にはちょっと怖いかも!?また、海獣の広場でのショーの夏の名物らしいですが、気軽に参加できるイベントとして「ドルフィン★ザブーン」というのがあり、夫が娘2人を連れて参加しました。
「どんなものだろう?」とワクワクしてみていると・・・、水槽の前に並んでイルカの作る波を受けるという単純なもの。でもその波が半端なくて、見ていても面白い!受けているほうは・・・・娘達は余裕なさそうでした。もう少し年上の子供達は大喜び!?
ショー終了後、すすぐための水や拭くためのタオルを貸してくれました。が、ホントにびしょぬれになるので、着替え持参が必須です。
私たちはこのショーが最後だったので、すぐに駐車場に行き、親子3人着替えました。

コンパクトながら、ほどよいインパクトもあって親子で楽しめる場所でした。
続きを読む >>
| 国内(その他) | 07:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
自転車の国 サイクルスポーツセンター
変わり自転車も色々ありました旅行の話では前後しますが、中日には修善寺にあるサイクルスポーツセンターで遊びました。春から自転車(ロードレース)を始めた夫のチョイス。下見を兼ねているようです(笑)

名前の通り、自転車競技向けの施設ですが、自転車をテーマにした遊園地も付随し、さらに夏の期間はプールもオープンします。今回はもちろん、このプールと遊園地が目当てです。

この時期プールと入園券がセットの1000円券を購入して、午前中はプール三昧。お腹がすいたところで洋服に着替えてご飯、遊園地・・・と1日遊びました。
プールは、プール用おむつ着用も可(ただし、上から水着着用)なので、赤ちゃんから遊べます。流れるプールと小さなすべり台のある幼児用プールの2つだけですが、娘達には十分な規模。おトク感があります。

下のエリア行きすべり台です。結構長い遊園地は、広大な敷地に、主に3区画にわかれています。問題はその高低差。一番高い入り口付近から一番奥まで、ベビーカーを押してあるいたらびっしょり汗をかきました。
ベビーカーや大きな荷物がなければ長いすべり台でするする〜と行けて、面白そうです(長女と夫はすべり台で先回りしました)
登りとなる帰りはエスカレータがあるので助かりました。

補助輪付幼児自転車だけ無料で乗れます。一応コースも。全体的に昭和を感じる遊園地ですが、子供向け補助輪付自転車は無料で乗れたり、広い畳の無料休憩所があったり、幼児連れにはぴったりだと思いました。
続きを読む >>
| 国内(その他) | 15:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ぐりんぱ(シルバニアビレッジ)
今年の夏旅行は伊豆への2泊3日。どうしても子供が遊べるところ中心です。
最終日は海へ行こうと言っていたものの、残念ながら小雨予報。
それならばと伊豆を早々に離れ、富士山の麓にある遊園地ぐりんぱへ行ってみました。

ぐりんぱは以前日本ランドHOWという名前の遊園地がリニューアルしたとても広い遊園地。大きく3つのエリアに分かれています。
シルバニアファミリーのテーマパーク「シルバニアジレッジエリア」、「おもちゃファクトリー・キッズフジQ」、「M78ウルトラマンパークエリア」です。

ミュージアム内。シルバニアの世界に浸れます私たちの目的はもちろんシルバニアビレッジでした。(自宅にシルバニアファミリーの家やお人形があるのです)こちらもあいにくの天気で小雨がぱらついたり、雲がかかったりという状態でしたので、乗り物には乗りませんでしたが、長女はあおぞらテントという室内アスレチックに早速入り、その間私は次女を連れて森のミュージアムやショップを散策。ミュージアムには歴代のコレクションや海外版なども並んでいて、大人が見ても面白いです。海外版には緑のカエルやペンギンや、角がりっぱな鹿とかいるんですよね〜。また、ショップにはほんの少しですが遊べるコーナーも設けてあり、いつの間にか長女も合流してしばらく遊びました。
そしてショップでは、長女は「はずれなし」の500円のガチャポンくじで人形をゲット(最下賞はお洋服でしたが、基本人形が当たるようでした)、次女にもひとつ人形セットを購入。またコレクションが増えました。

その後天気がよくなったので、学校の校庭で遊び、長女はブレスレッド製作(有料、400円)を。またも私は次女を連れてキッズフジQへ先回りしました。

キッズフジQの1階。とっても広い!さて、キッズフジQはというと。。。ひとことでいうとおもちゃ王国のようなところ。トミカやプラレールやメルちゃんやおままごと、テレビゲームなどなど・・・が遊べるエリアが無料(入園料のみ)で利用できます。


2階には室内アスレチックや車、ゲームがあります乗り物好きの娘はミニカーで散々遊び、合流した長女はたくさんのメルちゃんを並ばせて遊び、その後2階エリアの小型アスレチックなどで遊び、気づくと閉園時間、半日たっぷり遊びました。
天気が良くて朝から1日遊ぶのならパスポートを買ったほうがおトクかもしれませんが、入園券だけで結構遊べる(過ごせる)ところが多いのが、母親的にも満足でした。
ただ、キッズフジQの無料エリアに行くまでに、売店内を一巡させられるので注意が必要です(笑)

今回ウルトラマンパークへは入りませんでしたが、こちらものどかな乗り物ばかりの様子。ターゲットは幼児〜小学校低学年までときっちり絞っているようです。
続きを読む >>
| 国内(その他) | 17:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
子連れ旅行 in石垣島 〜観光
1日はレンタカーをして石垣島内観光をしました。

◎川平湾でグラスボート
川平湾のビーチにて石垣で外せない景勝地が川平湾。白い砂浜、青い海、たくさんの小さな島々・・・。レオナルドディカプリオが出ていた映画「ビーチ」をどこか思い出すような景色でした。
そして、ビーチからグラスボートという、水面をガラス越しにのぞくことができる船に乗って珊瑚礁や熱帯魚を観賞することができます。
何社かあるようで、それぞれ時間がことなりますが、大体同じ内容のようです。
私達はすぐに出そうだった川平マリンサービスのものに乗りました。(大人1000円、子供(3、1歳)は無料でした)
小型の船に乗り込み、ガラス窓を囲って座ると出発です。最初は岸から割と近いところ、その後少し離れたところ、という形でいくつかの珊瑚礁スポットを回り、珊瑚や貝、泳ぐ魚などの名前等を解説してくれます。
残念ながら娘2人はあまり魚や珊瑚には興味なさそうでしたが、「ニモ」でおなじみのカクレクマノミを見つけると「カクレクマモミだー」と指をさし、「この貝は小さなお子さまにはカレーパンマンに見えるんですよ」と説明されると「ほんとだ!カレーパンマンいっぱいだ!」と反応していました。
30分ほどの遊覧なので、子供も多少飽きてもなんとかなる時間です(笑)
幼児連れでシュノーケリングでさえ無理だとあきらめていたので、私にとって、この船での海中観覧はとても貴重で嬉しいものでした。

八重山民俗園
ホテルの方に小さなお子さまでも楽しめそうなところ、と伺って尋ねたのがここ、八重山民俗園です。ここには古い琉球屋敷が移築・復元されてできた村。昔の石垣の人たちの暮らしぶりがわかるようになっています。
農家や武家、漁師の家などがあり、家にはいろんな展示があったり、黒砂糖やアイス、サーターアンダギーなどを買って食べたりできるので、子供連れでものどかに楽しめる雰囲気です。
園内とても整備が行き届いていて気持ちがよかったです。
実は娘は2人とも見学中多くを寝ていたので、大人だけでのんびり回りました。(入り口でベビーカーを貸してもらいました)
娘達が起きたところで、リスザルと触れ合える「リスザルコーナー」へ。小さく人懐っこいリスザルがすぐに寄ってきて肩などに乗っかります。娘達、こわがるかなぁと内心不安でしたが、2人ともかなり楽しかったようです。こういう場所におきまりの「リスザルのえさ」を買うとわんさか寄ってきて大変でした。

マエサトビーチ
石垣全日空ホテル&リゾート内にあるマエサトビーチで遊びました。ホテル内にありますが、更衣室・シャワーなどの設備も外部の人も無料で利用できます。
ビーチ自体はさほど広くなく、砂も川平に比べてしまうと真っ白とはいきませんが、波もほとんどなく穏やかなので、小さい子供連れには遊ばせやすくて良いと思いました。(今回、他のビーチにはいけなかったので比較はできません;)
| 国内(その他) | 23:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
子連れ旅行 in石垣島 〜軽井沢倶楽部ホテル石垣島
軽井沢倶楽部ホテル石垣島に泊まるツアーなら今回の石垣島旅行でこだわったものは、ホテルです。
3歳、1歳の幼児、赤ちゃん連れではあまりアクティブにまわることはできないのは仕方が無いこと。だから、滞在するホテルは、落ち着いて、ゆっくり楽しめるところがいいですよね。

何ヶ所か迷ったものの、ホームページの印象と旅行サイトの口コミで、軽井沢倶楽部ホテル石垣島に決めました。
そして、口コミ通り、とても良いホテルで、快適に楽しく過ごせました。時期にもよると思いますが、若いカップルと小さな赤ちゃん・幼児を連れた家族が多かったようです。

◎期待通りに良かった点
・ホテルスタッフの上品で親切な対応
ロビーにいると気さくに話しかけてくださったり、旅行の相談に親身に答えてくださったり。レンタカーをして回る日の出発時、次女の鼻が出ているので・・とボックスティッシュ、お子さまが眠ってしまった時にとバスタオルをさりげなく車に用意してくださいました。マニュアル対応でない温かい気遣いですよね。
・広々とした綺麗なお部屋
リビングルームとベッドルームの2部屋構成でした。あらかじめ子連れであることを電話で相談していたので、リビングのベッドをくっつけて配置していただき、母はベッドルームでゆっくり休息、私達家族は広いベッドで安心して眠れました。
また、マッサージチェアが置いてあるのも嬉しいですね
・お料理のおいしさ
ガーデンビュッフェでは石垣牛や各種沖縄料理をはじめとした色々なお料理が楽しめました。飲み放題なのも嬉しい人は多いはず(笑)(授乳中でなければなぁ)
毎朝のビュッフェも和洋豊富でおいしかったです。
・ほどよい広さ
部屋数がさほど多くなく、ゆったりと過ごせます。私達の泊まった部屋は1階だったので、バルコニーから庭に出て、そのままプールまで。子ども達はプールが一番楽しかったのかも(笑)

◎予想外に良かった点
・部屋にもバスルーム(バスタブタイプとシャワールームと2つ)があるのですが、サウナと大浴場がありました。サイズはさほど大きくはありませんが、そう混雑することもありません。綺麗な花びらの浮かぶ湯船です。
やはり日本人、大きなお風呂、嬉しいですよね。
・市街地からの距離が少しあるのが不便かな、と気になっていました。
でも、空港送迎は無料でタクシーを手配してくださいますし、市街地に近い港や、ビーチまでは送迎バスがあるのでさほど困りませんでした。1日はホテルにレンタカー手配してもらったので、レンタル時間もほとんどかからず便利でした。結局自分達でタクシーに乗ったのは、ご飯を食べてから帰る際に1度だけでした(1500円程度)。
・ロケーション
ビーチが目の前ではありません。
が、小高い丘の上にあり、ちょうど市街地(全日空ホテルあたり)が眺められます。地元の家なども少し見え、近くには石垣牛もいて、風もほどよく吹き、気持ちの良い立地だと思います。

いつかまた石垣島に行くことがあったら、またお世話になりたいホテルになりました。

軽井沢倶楽部ホテル石垣島に泊まるツアーなら
| 国内(その他) | 03:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
子連れ旅行 〜リムジンバスを使いました
今まで、羽田空港や成田空港へ行く際は格安駐車場を利用していました。(海外編のコチラの記事をご覧ください)

でも、今回は初めてリムジンバスを使うことにしました。
自宅から近い豊洲線が開通したためです。

そのほうが費用面でだいぶ減らせました。
○駐車場利用の場合(4日間)→約7000円
 駐車場代・・・約6000円
 ガス代・・・約1000円
○リムジンバス利用の場合→約4200円
 ※娘達はひざに座るため料金不要でした。
 バス代・・・700円×2名×2(往復)=2800円
 タクシー代・・・710円×2=1420円

時間面では余り変わりませんでした
○駐車場利用の場合
駐車場からターミナルまでバス送迎になるため、チェックイン時間より約30分の余裕を持たねばなりません。
○リムジンバス利用の場合
バス本数が少ないため、空港に1時間以上早く着く便となりました。
→そこで朝ごはんを食べずに出かけて、滑走路の見えるカフェで朝食をする、という作戦に出たところ、娘達は大喜びでした。(娘達はバスの中でおにぎりを食べました)

そして、何より、楽でした。
格安駐車場利用より、荷物を持ったり押したりする距離が短かったのです。

費用面の比較はあくまでも今回の我が家でのものなので、一概には言えません。また、車だとどこかに寄ったりすることができるのも魅力です。

リムジンバスは、羽田ではエアポートリムジン京浜急行リムジンバスが都内近郊各所に走っています。一度お近くの便があるか調べてみるとよいと思います。
| 国内(その他) | 12:03 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
子連れ旅行〜石垣島に決まるまで
今年も遅めに取った夏季休暇。
来年以降、経済的にも娘の幼稚園等のスケジュール的にもなかなか遠出しにくくなるから、「今年はどこか(遠くに)行こう!」と早くから話していたものの、今年ほど行く場所が決まらなかったことはなかったと思います。

まず候補に挙がったのがハワイ。
でも燃油サーチャージを赤ちゃんも支払うという現実。家族4人で燃油チャージだけで10万の出費はバカらしい!しかも長女はほぼ大人1名分の旅行費用がかかります。しかも片道8時間のフライト・・・。
どうせお金と時間をかけるなら、もっと娘達が楽しめるようになってからが良いよね、という結論となりました。
(実際、私は幼稚園就園時期に2度ハワイに行ったことがありますが、その記憶はありません・・・)

次に上がったのが沖縄本島。沖縄は仕事で通った懐かしい土地でもあり、子どもが遊ぶ場所もほどよくあり、土地勘もあるので楽しくなるのは確実。でも、私達夫婦としてはあまり新しい経験も無くなりそうで、結局却下。

次いで北海道。学生時代に道内1週したものの、旭山動物園や富良野はまだ行ったことが無い私。でもラベンダーの季節でもないし、下手すると9月でもかなり寒いこともあるから、いまひとつ「夏休み!」って気がしなさそう・・。

それから悩み悩む日々。図書館で各地の旅行案内を借りてきて「鳥取砂丘の近くにこどもの国があるよ〜」「出雲大社ってどこにあるの〜」「やっぱりUSJと京都とか?」「四国って行ったことある?」などと転々としていました。

多分、以前と違って幼児を2名連れて行くという時点で、2人ともどこかで気乗りしない部分があったのでしょう。

結局、私の母の「石垣島、よかったよ。子ども連れでも楽しめるよ!」との一言が決めてとなり、なんとか決定しました。
そしてその母も同行してくれることに。

・・・結果。
旅行大好きな夫婦ですもん、行ってみればやっぱり楽しい!子ども連れで、日にちの割には観れた場所も少ないけれど、その分のんびりできたわけだし、やっぱり行ってよかったです!
そして、母の同行が何よりの味方でした。やはり幼児を連れるには、大人の数が1人以上多くなったほうが無難かな(笑)泊まったホテルにもそんな3世代家族旅行グループが多かったように思います。

これから何回か、石垣島&離島めぐりの旅について書き記しておこうと思います。
| 国内(その他) | 11:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
日帰り入浴&懐石でゆっくりまったり 〜花しぶき(館山)
いちご狩りと花摘み(記事はコチラ)をすっかり満喫した後、館山にある花しぶきという旅館へ行きました。
ここは、今回誘ってくれた友人のオススメ宿。
今回は日帰り旅行ということで、お昼ご飯に懐石料理をいただいた後、温泉でのんびり、という日帰りプランを利用しました。

日帰りプランとはいえ、旅館の方の温かな出迎えもあり、広々とした個室のお座敷を用意してくださっていたので本当にのんびりできました。
2歳の長女達にはおすわり用の椅子を、0歳の次女にはラックとタオルケットまでさっと用意してくださいました。

懐石料理は文句なし!オーソドックスなものでしたが、新鮮な魚介類や鍋、柔らかな角煮、、と娘も美味しくいただきました。また、料理が出る前にさっと子供用に白飯を出してくださったのも大変ありがたかったです。

きっと宿泊時にも素敵なおもてなしをしてくださるのでしょう。いつか泊まりにまた来たい宿です。
続きを読む >>
| 国内(その他) | 17:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
伊豆バイオパーク
先日、伊豆で親族旅行がありました。熱川だったので、行きがけに川奈の海女の小屋(以前の記事はコチラ)でお昼ご飯を食べ、ホテルで集合後みかん狩り。
翌日はいいお天気だったので姉家族、両親、叔父と伊豆バイオパークへ行きました。
特に下調べせずに行ったのですが、動物園と遊園地が合体したようなところで、期待以上に楽しめました。
娘は動物バスに乗り、羊やキリンに餌をやり、観覧車や汽車に乗り、、、と最大限に遊んでご機嫌。
次女(4ヶ月)は謎の発疹が出ていて心配しましたが、その他の症状は無く、発疹も翌日にはほぼおさまりました。でもきっと体調悪かったよね、連れ出してしまってごめんね。
続きを読む >>
| 国内(その他) | 08:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
国営ひたち海浜公園・プレジャーガーデン
先日の週末、お友達家族計4家族で大洗旅行をしてきました。夏に日帰りで訪れた大洗が思いのほか楽しかったので、ゆっくり行きたいなーと考えて、今回は私がツアコンとなりました。
初日に行った大洗アクアワールド(以前の記事はコチラ)には子供もパパママも大喜び。今回はイルカのショーもきっちり見て満喫。子供の遊び場キッズランドも警備員のオジサンが見守る中オープンしていました。

翌日は嬉しい快晴だったので、車で20分ほどのところにある国営ひたち海浜公園で遊びました。軍用地として使われていた場所を国が買い取って公園にしたというこの公園は、1日では回りきれないほど広大です。
今はコスモスが綺麗でしたが、年間を通じて様々なお花を楽しむことができるようです。
・・・子供たちはお花より下に落ちている小石や松ぼっくりの方に興味津々。そして何より楽しんでいたのは遊園地施設「プレジャーガーデン」。つくば万博で使われた遊園地が移設されたものらしく、なかなか年季の入ったものでしたが小学校中学年くらいまではかなり楽しめそう。
母と万博に行った際に乗った乗り物があって(うっすらとした記憶なのですが)、思いがけず懐かしくなりました。
赤ちゃん連れでも(大人でも)気持ちよくて楽しめますし、子供が大きくなればなるほど楽しみ方が増えそうな公園です。
この公園にはまた必ずお世話になると思いながら後にしました。
続きを読む >>
| 国内(その他) | 08:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/3PAGES | >>